オフィス移転サポートシステム

コンサルティング事例

会社概要

アクセス

問い合わせ・リクルート

 
オフィスの移転をサポートする

今、オフィス移転コンサルティングの導入を考えておられる企業の方、その目的は何ですか?

  • コストの削減ですか?
  • オフィス環境の見直しですか?
  • 拠点統合や組織改変ですか?

今、オフィス移転を考えておられる企業の方、貴方のオフィスの現状をご存知ですか?

  • 書類で溢れかえったオフィス。でも、その書類本当に必要ですか?
  • いつも不足をしているといわれている会議室。でもその実際の正確な使 用状況を存知ですか?
  • 社員の方が現状のオフィスに抱く様々な不満。その本当の原因をご存知ですか?






  オフィス移転の目的は左記に上げた事由を始め様々です。そして、これらの目的を達成するには、詳細かつ、的確な現状把握と分析が必要不可欠です。コスト削減を例にとると、現状のオフィスのどこに無駄があるのか、現状の什器備品を出来るだけ無駄なく利用しながら最小限のコストで移転をするにはどのようにすればよいのか。これらはいずれも、正確な現状のレイアウトや備品リストなければ分析できません。また、オフィス環境の見直しでは、現状の施設の利用状況や、社員の方たちの業務実態や、現状のオフィスに対する意識を正確に把握することが重要な要素となります、私達は、オフィス移転では一件地味で、ともすれば見逃される、この「現状把握と分析」という作業を最も大切にしています。


 日本のオフィス移転は従来はオフィス家具メーカーや設計事務所、そして昨今は専門の工事会社が、多くを担ってきました。しかし、そこではどうしても、自らの立場が最優先となりがちです。すなわち、オフィス家具メーカーや工事会社にとっては、自社の家具の売り上げや、工事費用を確保することが最大の関心事であり、設計事務所は、自らのデザインを最優先とするあまり、どうしてもコストに対する意識が後回しとなる傾向があります。


 私達の仕事はこれらとは一線を画し、発注者の代行者としてあくまで中立性を保ち、オフィス移転に関するあらゆる業務において、効率性や適切なコスト管理の元、求めらる品質を提供することにあります。