Design Office Craft Logo

正確な利用実態を把握することで
 --------------大幅なアスペースの削減を実現

 現状の会議室の利用実態調査は移転後のオフィスで本当に必要な会議室の数量や構成を把握するために実施します。特に複数の拠点を統合するような移転では,正確な集約効果を想定するための重要な情報となります。

拠点集約時に利用実態調査のデータを基に会議室を50%圧縮